slection_top_private
 
 
開業

 教授職を辞し、とっくに形式でしかなくなっていた婚姻に別れを告げ、新店〔しんてん〕1に保有していたマンションを売ると、やっつけ仕事でそれなりの名声を得ていた演劇の世界から足を洗い、腐れ縁の悪友各位と“やわらかな”絶交をし(酒、博打以外のお誘いは可)、しばしの暇乞いには十分な金子をふところに入れ、陰鬱とした辛亥〔しんがい〕トンネル2を抜けた先にある、無縁墓地に抱かれ、鳥も糞を落とさぬような僻地、臥龍街〔がりゅうがい〕へ居を移し、私は、私立探偵になった。
 看板を掛け、名刺を作った。表にはくっきり楷書で「私立探偵 呉誠〔ごせい〕」、裏は英語で「Private Eye Chen Wu」。見れば見るほどご機嫌だ。ー部分訳終わりー

本の概要を見る→
部分訳2を読む→

 天野健太郎
copyrights © 2014 Bunbundo Translate Publishing LLC All Rights Reserved

  1. 台北郊外 []
  2. 基隆路の東 []