当時の中華商場を空から見る

当時の中華商場の地図、航空写真を、台北歴史地図サイトから見ることができます。
「台北市歴史圖資展示系統」(中国語) http://www.historygis.udd.taipei.gov.tw/urban/index.aspx

手順 (まずポップアップを消します)
(一)地図の場合
左上の「新増」をクリック>「歴史類比掃描影像」>「69年版地形圖」(=1980年)>「加入」
(二)航空写真の場合
「新増」をクリック>「早期航測影像」>「62年航測影像」(=1973年)>「加入」
ほかの時代、年も試してみてください。(年は民国なので「+11年」で西暦になります。)

 

1970年代~90年代初頭の台湾(中華民国)歴史年表

1971年 「釣魚台列島[尖閣諸島]を守れ」学生運動。国連脱退。テレビ布袋戯「雲州大儒俠」ヒット。白先勇『台北人』。欧陽菲菲「雨の御堂筋」
1972年 ニクソン訪中。日本と断交。台大哲学学科事件(国民党によるリベラル教員の粛清)。国父紀念館落成。邱永漢24年ぶりに台湾帰国。王文興『家變
1973年 蔣経国「十大インフラ建設」政策。牯嶺街古書店街、光華商場へ移転。忠孝東路延伸開通。黄春明『さよなら・再見』。川端康成展が台北で開催。現代舞踏集団「雲門舞集」創設。林青霞〔ブリジット・リン〕デビュー
1974年 台湾人日本兵・中村輝夫〔スニヨン〕さん発見。テレサ・テン日本デビュー
1975年 蒋介石総統死去。旧西本願寺火災。キン・フー監督「俠女」カンヌ映画祭技術賞受賞。学園フォークブーム
1976年 呉濁流死去。三毛『サハラ物語』、張系国『バナナボート
1977年 不正選挙に抗議する中壢〔れき〕事件発生。郷土文学論争、朱天心『擊壤歌:北一女三年記
1978年 蒋経国、第6期総統に当選。宋澤萊『打牛湳村
1979年 アメリカと断交、台湾関係法制定。台湾縦貫鉄道電化完了、中正国際空港開港。海外旅行自由化。デモ衝突により反体制指導者が大挙逮捕された、美麗島事件発生。『恐竜探険隊ボーンフリー』放映。ジュディ・オング「魅せられて」
1980年 林義雄家族殺害事件(美麗島事件で拘束中の林の留守宅が襲われた)。中正紀念堂完成、信義地区副都心開発開始。『自由時報』創刊。蔡琴「恰似你的溫柔」ヒット
1981年 向田邦子、台湾取材旅行中に飛行機事故で死去。郭源治、中日ドラゴンズ入団。
1982年 楊逵、戦後初訪日。オムニバス映画「光陰的故事」。羅大佑「鹿港小鎮」ヒット。涂阿玉、日本女子プロゴルフ賞金王
1983年 李昂『夫殺し』。陳坤厚監督「小畢的故事」
1984年 蒋経国第7期総統に再選(副総統は李登輝)。「中華台北」としてロサンゼルスオリンピックに復帰。『聯合文學』創刊。王禎和『玫瑰玫瑰我愛你』(リンクhttp://www.books.com.tw/products/0010025871)
1985年 江南事件(『蒋経国伝』著者・江南がアメリカの自宅で殺害される)を受け、レーガン大統領が国民党政権に民主化を勧告。楊逵死去。陳映真の報道雑誌『人間』創刊。龍應台『野火集』。「タモリ倶楽部」台湾ロケ
1986年 民主進歩党結成。中興橋落橋事故。李遠哲ノーベル化学賞受賞。村上春樹台湾版初刊行。張大春『公寓導遊』。エドワード・ヤン監督『恐怖分子』。薬師丸ひろ子、訪台。
1987年 戒厳令解除。中国大陸への親族訪問解禁。東区に太平洋SOGO百貨開店。葉石濤『台湾文学史綱』。ホウ・シャオシェン監督『恋恋風塵』
1988年 新聞自由化。蒋経国総統死去、李登輝副総統が総統に昇格。孫立人、軟禁を解かれる。MRT(木柵線、淡水線)建設開始
1989年 雑誌『自由時代』の鄭南榕が国民党に抗議して焼身自殺。台湾縦貫鉄道地下化に伴う台北駅工事完工。誠品書店開業。ホウ・シャオシェン監督「悲情城市」ベネチア映画祭でグランプリ獲得
1990年 万年国会解散などを訴えた、野百合学生運動。李登輝総統再選。台湾プロ野球開幕。NHK、張学良にインタビュー
1991年 「海峡交流基金会」設立。アン・リー監督「推手」
1992年 「刑法百条」(内乱罪)改正でブラックリスト撤廃。立法院改選。中華商場、解体。著作権法改正。ツァイ・ミンリャン監督「青春神話」
1993年 第一次辜汪会談。中国からのハイジャック亡命多発。有線テレビ合法化。司馬遼太郎訪台

※この年表は、遠流『台灣史小事典』、中国時報『台灣﹕戰後50年 土地‧人民‧歲月』、台北駐日経済文化代表処「日台文化芸能の出来事」などを参考にしました。

白水社《エクス・リブリス》通信vol.14より

執筆 天野健太郎

 

 

関連する内容を読む
台湾ブックセレクション#13 呉明益の作品概要
台湾ブックセレクション#14 呉明益作品の部分訳
臺灣~繁体字の寶島#25「中華商場の子どもたち」