弯弯(ワンワン)は今年でデビュー10周年。彼女の作品シリーズをまとめて紹介します。
著者紹介
弯弯(ワンワン)
1981年台湾生まれ。累計3億以上のPVを誇る人気ブロガーで、普通の日常をおもしろおかしく描き、共感を呼ぶイラストレーター。2005年より『弯弯塗鴉日記(落書き日記)』シリーズや『弯弯旅行日記』シリーズなどの著作が多数刊行され、累計売上げは170万部。最新刊は『可不可以勇敢挑戰(挑戦させてもらっていいっすか?)』。2010年には自身のドキュメンタリー映画『帯着夢想去旅行』。ヒット映画『あの頃、君を追いかけた』ではヒロインの友人を演じた。近年はLINEのスタンプでも大人気。
WANWANP-106
Wan wan LINE sticker_global pro 著者ブログ
http://cwwany.com/
フェイスブック
www.facebook.com/cwwany.tw

???????????
 

 

作品紹介
『弯弯の落書き日記(弯弯塗鴉日記)』シリーズ

可不可以不要上班(新)_封面1.『仕事行かなくていいっすか?(可不可以不要上班??)』
漫画家となった念願の一冊目!社会人になっても怠けた性格を変えられない自分と戦う弯弯の毎日。読むと、ふふふと笑ってしまう一冊。サラリーマンってつらい〜〜ていうか、タイトルは本音のまんまやん!

wan wan japaness2.『仕事なんかサボっちゃえ!!(6868、一起蹺班去!!)』
仮病、妄想、言い訳……仕事をサボリたい気持ちって、社会人共通だよね!? 弯弯のユニークな考え方とおもしろおかしな出来事を読んで、共感したり、笑ったりしながら、つらいことをふっ飛ばそう!

部分訳あり

可不可以不要上學(新)_封面3.『学校行かなくていいっすか?(可不可以不要上学??)』
仕事へ行きたくない人には必ず、学校へ行きたくない過去があった!?社会人になってから、誰でも「学生はいいなぁ」と思う時がある。弯弯はどんな学生時代を過ごしたのでしょう。青春、冒険、片思い、卒業制作・・・・・・共感を呼ぶ学生時代の話がいっぱいつまった一冊。

要不要來我家(新)_封面4.『我が家に来てみる?(要不要来我家??)』
とぼけた弯弯、ゆるい弯ママ、倹約家の弯兄、性格や習性の異なる愛犬の該該とアルウ……。にぎやかでヘンテコな弯一家の普段の生活をのぞくことができる一冊。

 

可不可以不要NG5.『NGしなくていいっすか?(可不可以不要NG)』
人生は初体験とNGの連続。恥ずかしいNGな出来事こそが生活、そして人生の大切な思い出ともなる。弯弯はとにかく開き直りがはやい!挫折があっても夢はずっと持ち続けたい。

 

可不可以繼續幼稚_封面6.『幼いままでいいっすか?(可不可以継続幼稚!?)』
子供のころは学校に行きたくない。大きくなったら仕事に行きたくない。ずっと大人にならなくていいっすか? 大人になっても幼くて正直な自分を失うな、というのが弯弯の人生哲学?

 

轉個彎怎樣都幸福_封面『ちょっと曲がれば、幸せが待ってるのよ(転個弯、怎樣都幸福)』
立派な論理がなく、もちろん教訓もなく、只々自分の失敗した経験から学ぶ弯弯。人生は挫折が当たり前……と見方を変えて、笑ってしまえば幸せな気分になれるのよ。

『弯弯旅行日記』シリーズ
可不可以天天出去玩(新)_封面1.『毎日遊びに行っていいっすか?(可不可以天天出去玩??)』
苗栗で苺狩り、新竹で蛍鑑賞、阿里山で日の出。そして京都、沖縄、タイ、北京、香港、マレーシア、シンガポールへ、と初めての体験だらけ。ものの見方、そしてピントがズレた弯弯とちょっとヘンテコな旅に出よう。

??2.『ヨーロッパ行ってみた?(欧州GO了没)』
ロマンチックなロンドン、ケンブリッジ、パリの郊外、アンデルセンのデンマーク、初めての寝台列車……下手くそな英語で恥ずかしい場面がいっぱいあったけど、超ハイテンション!弯弯のヨーロッパ旅とは?

「弯弯ペット日記」
可不可以一直在一起『ずっとそばにいていいっすか?(可不可以一直在一起)』
犬が3匹(甘えん坊アルウ、丸顔の白柴ハル、バック好きなバック)と猫2匹(直立するのが得意な愛洛、いたずら好きな茶々)。ペット5匹の大家族。そして、亡くなったミックス犬・該該へのメッセージも。

可不可以勇敢挑戰『挑戦させてもらっていいっすか?(可不可以勇敢挑戰)』
デビュー10周年記念の一冊。忍耐力・勇気・体力・集中力・独立心、自らに課する5つのテーマに挑戦し実行する。これからも読者と一緒に成長していきたいという願いをこめた一冊。

部分訳を読む

本書の日本語版の刊行予定はまだありません。
この紹介記事・訳文は権利者より許諾を受けて制作・公開しています。
ご意見・ご感想は、聞文堂LLCまでお寄せ下さい。
http://motto-taiwan.com/aboutus/

執筆者プロフィール

黄碧君(ふぁん・びじゅん)
ellie1973年生まれ、台湾人女性。大学まで台北暮らし。その後仙台の東北大学に三年間留学、フィラデルフィアへ半年間の語学留学を経て、千葉で約四年間生活後、現在台北で生活。翻訳・通訳者。訳書には寺山修司『幻想図書館』、三浦しをん『舟を編む』『しをんのしおり』、角田光代『あしたはアルプスを歩こう』、柴崎友香『春の庭』など。2011年全国通訳案内士、2013年沖縄地域通訳案内士の資格を取得。2012年日本人に台湾本の多様と魅力を伝えるため、台湾書籍を紹介、翻訳、権利仲介する聞文堂LLC合同会社を東京に設立した。