台湾と日本で活躍する写真家と作家が、「路地」「食」「人」「言葉」の
4つのテーマでコラボし、台湾の日常を浮き彫りにした〈ローカル・トリップ〉。
人気グラフィックデザイナー、アーロン・ニエ(聶永真)のスタジオを訪ね、
ヌーベル・キュイジーヌの寵児、アンドレ・チャン(江振誠)と美食クルーズ。
台北の名建築を見て歩き、老舗のギャラリーで現代アートを堪能。
メイドイン台湾のプロダクトが揃う文房具店や雑貨店に足を運び、
泊まるべきは、いま、最も台湾カルチャーが体感できるホテル。

俳優の張震(チャン・チェン)は、台湾映画の現在と未来を見据え、
歌手の陳綺貞(チアー・チェン)は、台湾のポップミュージックシーンを振り返る。
人気作家、呉明益(『歩道橋の魔術師』著者)が、辻村深月と文学について語り、
白先勇、七等生、宋澤萊といった作家の名作短編(本邦初訳)をまるごと収録。
日本統治時代、戒厳令下、民主化といった時代ごとに、3人の作家が台湾史を詳述し、
4つの時代に分けた年表と大ヒットした台湾映画をもとに、台湾の歴史を学ぶ。

日本と台湾のクリエイターが一緒につくった本誌には、
盛りだくさんの台湾カルチャーが、ぎゅっと凝縮されている。
さあ、この一冊を手に、カルチャー・クルーズに出かけよう。

Pen+■目次より抜粋
*ローカルトリップ 台湾人作家(黄麗群、劉克襄張維中、楊佳嫻)によるエッセイと写真
*対談:呉明益(ご・めいえき)×辻村深月 ひとつの小説が、国を超えてつながる
*アイデンティティを模索した、戦後世代の作家たち
小説「ポケットに隠した手(藏在褲袋裡的手)」白先勇、「わたしが愛する黒い瞳(我愛黑眼珠)」七等生、「傷(創痕)」宋澤萊 訳:天野健太郎

*詳細な年表でたどる、台湾の歴史
*台湾を代表する作家による「台湾民主運動の歴史」(イラスト:林莉菁
日本統治時代の民主化運動:陳柔縉、戦後・戒厳令下の文学と社会運動:陳芳明、野百合学生運動とひまわり学生運動:李明璁

*アーロン・ニエ(聶永真)が手がけるデザインの世界
張震(チャン・チェン):台湾映画を牽引する、国際的俳優の軌跡
*陳綺貞(チアー・チェン):孤高の歌姫を通して、台湾音楽に触れる。
*アンドレ・チャン(江振誠)が案内する、美食クルーズ
*写真家・猫夫人が案内する猫村ホウトン
*李清志が案内する、台湾の名建築。(王大閎、黄聲遠、姚仁喜、伊東豊雄、丹下健三……)
*芸術が溢れる街で、現代アートと出合う。(伊通公園(陳慧嶠)、何采柔、賴志盛、王俊傑)
張照堂がモノクロームで切り取る戦後台湾
*心やすらぐイラストブック(『職人誌』、『汽車に乗ったマッコウクジラ』)
*台日交流の場をめざす、台湾文化センター   ……ほか

 

■概要